女性

施術後のケアを知る

バスト

様々なバストアップ施術を受けることが出来る美容外科では、アフターケアもしっかりとカウンセリングで説明をしているところがほとんどです。ヒアルロン酸注入の場合、メスを使用しないので難しいケアは特にないのですがパッドをいれる従来のバストアップ施術は十分に注意が必要です。多くの美容外科で取り入れられている人工乳腺バッグでは、身体に合わないということがほとんどないので誰でも気軽に利用することの出来る施術になっています。しかし、人工乳腺バッグはメスを使用した施術となるので術後に抜糸を行なう必要があるケースもあるので気をつけなくてはなりません。また、メスを使用したバストアップ施術の場合数日間は安静にする必要があるので忙しい人には向いていないと考えられます。無理してしまうと身体に負担をかけてしまうことがあり、バスト部分にも影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要です。

人工乳腺バッグなどメスを使用するバストアップ施術は、マッサージなども取り入れていかなければなりません。しっかりとマッサージやケアをしないとカプセル拘縮を引き起こしてしまい、仕上がりに満足することが出来なくなってしまうでしょう。カプセル拘縮は、身体が拒絶反応を起こしてしまい形だけではなく痛みを伴うこともあるのでアフターケアは大切だといえます。また、施術内容によってケア方法は異なってくるので正しいケアを身に付けるようにしましょう。少しでも違和感があれば早急に美容外科に問い合わせを行ない、ケアしてもらうことで綺麗なバストを保つことが出来ます。