女性

プエラリアとは

プエラリアの効果

バスト

その驚くべき効果!ほとんどの女性がプエラリアを人用し始めて1週間から10日でバストアップや美肌効果を感じると言われています。また、更年期障害には絶大な効果を発揮し、驚くほどに更年期障害の症状が和らぐという医療機関での医療機関での臨床報告があります。これはプエラリア・ミリフィカにしか含有されていないミロエステロールという物質の強大な女性ホルモン作用(エストロゲン作用)によるものです。
数年前にその豊胸や美肌の絶大な効果からマスメディアが取り上げ、一大ブームとなりました。しかし、その後あまりにも多くの類似品や偽プエラリア・ミリフィカが流通してしまいました。
ニセモノと知って販売している悪徳業者も非常に多いですが、大きな問題はプエラリアと言われる植物は非常に多くの種類があり、タイ・ミャンマー地帯には似かよった植物がごまんと自生していることです。ましてプエラリア・ミリフィカは希少な植物なので本物と見分ける方法は高度な成分分析をする以外にないのです。また本当に希少な植物で、環境の変化に敏感なため大量に自生していることはない植物なのです。
こういった中でタイ政府は原材料の輸出を禁止してしまったため、日本国内の健康食品・医薬品業者は原材料の調達と加工を現地の業者に任せる以外に方法がなくなっています。昨今の中国からの輸入食材の問題でも明らかになってきていますが、途上国からの輸入品には何が混ざっているか分からない状態です。
実際にプエラリア・ミリフィカとして市販で出回っている製品を分析したところ、その60%の製品がDNAが違うものであり、更にミロエステロールが含有されているものはほとんど無いようです。特に同属のクズ植物の中には毒性の強い植物もあり、服用すると頭痛・吐き気だけでなく、死に至る場合もあるようです。

本物プエラリア判別法

プエラリアには、プエラリン、ダイジン、ゲニスチン、ダイゼイン、ゲニステインといったフラボノイドを含有されています。特エストロゲンを活性化する誘導体はゲニステイン、ダイゼインに大別できますが、プエラリア・ミリフィカは、より活性の強い類縁体・ミロエストロールやデオキシミロエステロールが含まれ、更年期障害の軽減や、ホルモン置換療法、他にも女性の美肌作用などに効果が期待できるのです。
気を付けなければならない点は、ガウクルアには赤ガウクルアと白ガウクルアの2種類が存在し、その中でも赤ガウクルアには、強い毒性のあるものが存在し、その副作用として、頭痛、吐き気を催す可能性があるといわれています。さらには、特に子宮筋腫や子宮がん、乳がんなどに対して、逆に悪化させるそれが多大にあるとも言われています。
上記のようにニセモノが存在する可能性のあるプエラリアミリフィカですが、本物のプエラリアミリフィカであれば、上述のようなエストロゲン作用により、更年期障害が非常に良くなる可能性があります。もちろん美肌効果も抜群のです。
プエラリアを実際に利用した方の感想ですが、ある女性は服用後約2週間ではっきりとしたバストの張りを感じるようになったという報告もあります。これは面白い話ですが、男性は服用したときに、その男性がまるで女性のように(相撲取りのよう)に胸が膨らむという経験をした男性もいるようです。

女性ホルモン基礎知識

女性ホルモンとは、思春期から閉経までの間、卵巣から活発に分泌される物質のことです。女性ホルモンの働きによって月経が起こり、妊娠や出産が可能となります。また、女性ホルモンが正しく分泌されることで、肌や髪の毛を若々しく保つことができたり、血管や骨を強くするなど、病気から守ってくれる働きもあります。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。この2つがバランスよく分泌されることが大切です。特にエストロゲンは美のホルモンとも言われ、女性としての魅力を高めますが、このホルモンに関連して、乳がんや子宮がん等が発症することもあります。

女性の一生とホルモンの変化は、まず思春期(8歳から18歳頃まで)の時期からエストロゲンの分泌が始まり、女性らしい体つきに変化していきます。女性ホルモンが十分に分泌される頃、初経を迎えますが、その量や周期は不安定な状態です。次は成熟期( 19歳から40代前半)ですがこの時期に卵巣機能が整い、妊娠や出産が可能になります。女性ホルモンの分泌のピークは20代後半ですが、成熟期の女性の多くは、ストレスが多く、不規則な生活などでホルモンバランスが乱れることが多くあります。

次はいわゆる更年期( 45歳から50代後半)と言われる時期ですがこの時期からエストロゲンの分泌量が減り始め、閉経を迎えます。次が高齢期(60歳以上)ですが、エストロゲンの分泌がなくなるため、それまで男性がかかりやすかった生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病等)やガンにかかりやすくなります。
女性の一生とホルモンの変化は、まず思春期(8歳から18歳頃まで)の時期からエストロゲンの分泌が始まり、女性らしい体つきに変化していきます。女性ホルモンが十分に分泌される頃、初経を迎えますが、その量や周期は不安定な状態です。次は成熟期( 19歳から40代前半)ですがこの時期に卵巣機能が整い、妊娠や出産が可能になります。女性ホルモンの分泌のピークは20代後半ですが、成熟期の女性の多くは、ストレスが多く、不規則な生活などでホルモンバランスが乱れることが多くあります。